14日間無料トライアル

文科省も認めた!2020年英語教科化、プログラミング学習必修化でどうなる?

新学習指導要領により、2020年から小学校で英語が教科化、そしてプログラミング学習も必修化が盛り込まれることをご存じですか?英語は、2020年より小学校3年生から必修化、5、6年生で「教科化」されることが決まっています。いったいこれからの英語教育はどうなっていくのか?また今後の展望について、この記事では英語教育を中心にご紹介したいと思います。

読み書きそろばん、プラス「英語&プログラミング」

新学習指導要領により、2020年から小学校で英語が教科化、そしてプログラミング学習も必修化が盛り込まれます。英語とプログラミングを身につけることが、次の時代を生きる子どもにとっては、読み書きそろばんのように必要になるといえます。

「知識基盤社会」の必須ツール

文部科学省は、「『知識基盤社会』(knowledge-based society)の時代『生きる力』をはぐくむ」という理念を打ち出しています。

「知識基盤社会」?聞き慣れない言葉ですね。お役所らしくわかりにくい言葉を持ち出してきました。

・知識には国境がなくグローバル化が進む
・知識は日進月歩で、競争と技術が絶え間なく生まれる
・知識の進展は旧来のパラダイム転換を伴うことが多く、広い知識と柔軟な思考力に基づく判断が一層重要になる
・性別や年齢を問わず参画することが促進される

現行学習指導要領の理念 (文部科学省)

「知識基盤社会」は以上のような社会だそうです。言っていることは1つ1つ納得できますが、なんだかわけがわかりません。たぶん文部科学省もそんな先のことははっきりとイメージできないので、煙に巻こうとしているのかもしれませんね。

要するに、学校でいろんな知識を教えてるけど、知識を覚えるだけでなくて、世の中のスピードの速さとグローバル化に対応できるように知識を使える人に育てていかなくちゃといういうことだと思います。これは親としても同感です。

なんでも検索できる時代に、知識を詰め込み物知りになることは重要でなくなりました。いかに知識を使いこなすかということが重要です。そんな時代に必要なツールが、英語とプログラミングであり、今回の学習指導要領でも新たに盛り込まれたのです。知識を使いこなす道具として、従来の読み書きそろばんに加えて、次代の子ども達は英語とプログラミングを手にし、使いこなしていかなければならないのです。

やっと腰をあげた文部科学省

英語の早期教育には否定論も根強く、またプログラミングにいたっては、たぶん多くの人が必要性も学習内容も理解できないかもしれません。

しかし、世界の教育事情を知ってる人々にとっては、少し遅きに失した、やっと文科省も腰をあげたのだという感があります。英語の授業を小学校から取り入れている国は多く、特にお隣の韓国や中国からは、だいぶ遅れをとっています。またプログラミング学習も、フィンランドでは既に小学校から必修科目となり、アメリカやシンガポール、イギリスなどはプログラミング学習を積極的に導入しようとしています。

小学校で英語が教科化される!
この記事を書いたひと
D-SCHOOL オンライン編集部

プログラマー、英語教員、マーケッターなど多彩な人材から生み出されるD-SCHOOL オンライン。プログラミング教育や英語教育の最新情報、海外の情報など鮮度の高い情報をお届けします。