14日間無料トライアル

文科省も認めた!2020年英語教科化、プログラミング学習必修化でどうなる?

子どもが英語嫌いにならないか?

教科化によって子どもが英語嫌いにならないか不安も残ります。成績がつけられるということで、苦手意識を子どもが持つようになってしまうと、早々と英語嫌いになってしまい学習意欲を失うことになります。

今までの5,6年生への必修化の段階では、良い結果が出ています。実施されたアンケートで「英語が好き」「英語が使えるようになりたい」と回答した子どもの割合は若干多くなり、中学校の学習において小学校で学んだことが役立ったと応える子どもが増えています。

英語教科化においても、英語が楽しい、英語ができて良かったと多くの子ども達が思えるような学習内容にしてもらいたいものです。

中学校入試に導入される?

まだなんとも言えませんが、入試をする側の私立中学校は、将来の大学入試を見据えて、少しでも英語ができる生徒を採りたいという気持ちがあると思います。中学入試に英語が入れば、進学塾が英語を教えるようになり小学校の英語のヒートアップは免れません。

現状の中学入試で、国語や理科・社会などは、高校入試レベルあるいは大学入試に匹敵する問題を解いています。算数は、大人にも解けないような複雑な問題を短時間で回答しなければなりません。英語の中学入試導入で、一部の子ども達の英語力は飛躍的にアップするでしょうが、子どもも親も負担が増える、レベルの差が開きすぎるなどの問題点も懸念されます。

英語早期教育をポジティブにとらえましょう

「英語の前にまずは母国語を確立してから」などと英語の早期教育には否定論も多いのですが、やはり小学校での英語は時代の要請だと言えます。グローバル化の時代、誰でも否応なく英語でコミニュケーションしなければならない可能性があるのです。

不安点も書きましたが、「英語を話すことで世界が広がって楽しい!」という気持ちを子ども達が持つように、親も英語教育に対してポジティブに応援して行くことができればいいと思います。いたずらに不安にならず、また全て学校まかせ、お上任せにするのでなく、いろんな情報を得た上で、ぜひ積極的に子どもの可能性をのばすように、親も働きかけていけるといいなと思います。

参考:小学校における英語教育の充実について
(論点整理に向けて)平成27年7月22日
教育課程企画特別部会 参考資料2

この記事を書いたひと
D-SCHOOL オンライン編集部

プログラマー、英語教員、マーケッターなど多彩な人材から生み出されるD-SCHOOL オンライン。プログラミング教育や英語教育の最新情報、海外の情報など鮮度の高い情報をお届けします。