14日間無料トライアル

小さな子どもが夢中になる!定番☆英語手遊び歌5選

はじめまして。D-SCHOOLママライターの「あかつき」と申します。これからD-SCHOOLのサイトで、お子様の英語やプログラミング教育について書かせていただくことになりました。

現在、中学生の女の子が1人います。子育ての中で、上手くいったこともいかなかった、トホホな経験もあります。特に子どもの英語教育には「意識高い系」でした。

そんなこんなの経験も踏まえて、皆様の子育てに少しでも役立つ情報を発信していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

ベビーには、英語の手遊び歌が定番

私は子どもが1歳半ぐらいの時から、近所の英語のベビーサークルに参加し、その後、英語教室にも行かせました。そこでたくさんの英語の手遊び歌を習いました。赤ちゃんから幼稚園に入るくらいまでは、英語でお歌を歌うのが英語教室でも定番ですね。

別に幼児英語教室など行かなくても、今の時代ネットで手に入る英語の歌や番組を使って、お家で十分英語環境をつくることができます。英語の手遊び歌は、簡単なお遊戯をしながら歌うので、小さな子どもも、すぐに覚えて大好きになります。たとえママが、英語ができなくても、今ではYOUTUBEの動画でいくらでも英語に触れることができますので、いい時代になりましたね。

小さい子に英語の手遊び歌を使う時の注意点

ママやパパもできるだけ一緒にやること

忙しくて、テレビやスマホを子どもに見せるだけになると、ずるずるとテレビやスマホに子守をさせてしまうことになります。とっても、楽ですものね。

しかし、そうするといつの間にか、テレビやスマホの主導権を子どもが握ることになり、自分の見たいものをいつまでも見るようになってしまいます。そして、結果的に英語よりも自分の好きな番組を選ぶようになります。(自分の経験からの反省です)YOUTUBEは、子どもには宝箱のようなもの、自分の好きなものにどっぷり浸かります。

英語の歌を歌う時は、ママやパパが子どもと寄り添って、せいいっぱい楽しく一緒にやりましょう。子どもも一緒なら楽しんで身につけることができます。

子どもがノッてこなかったらやめる

ノッてこないのに、あまり続けても意味がありません。英語の勉強だからと、無理にやると、英語自体が嫌いになってしまいます。小さいうちは楽しくやりましょう。何が嫌なのか、原因をさぐって改善してみましょう。

たぶん選んでいる歌が、その子の精神年齢よりも、赤ちゃんすぎるのかもしれませんね。今の子どもには、もっと複雑なダンスやノリの良い歌の方がいいのかもしれません。そもそも、子どもだからお遊戯が好きとは限りません。本が好きな子もいるし、お絵かきが好きな子もいるし、文字を書く方に興味を覚える場合もあります。

英語教室では一律に英語の歌を一緒に歌いますが、ママとお家で英語を勉強する場合はそんな決まりごとはありません。何が好きなのか、手探りでママやパパが探してみてみましょう。

おすすめ英語手遊び歌5選!
この記事を書いたひと
あかつき

D-SCHOOLママ(中学生の娘)ライター。大学の教育学部教員養成課程卒業後、大学院進学修士号修得。塾講師、雑誌編集などを経験。夫の留学でアメリカ滞在経験あり。