14日間無料トライアル

イースターの風習やイベント!

こんにちは、D-SCHOOLママライターのあかつきです。

近年、ディズニーランドやUSJでもイベントが開催されるようになったイースターについて、前回お伝えしましたが、今回はその風習やイベントについてさらに詳しく書いていきたいと思います。

Easter Vacation(イースター休暇)

イギリスをはじめヨーロッパ各国、またオーストラリアなどでは、イースターの前の、聖金曜日(Good Friday)と次の月曜日(Easter Monday)は祭日(Bank Holiday)になり四連休です。職場もお休み。銀行や郵便局も休みです。

イギリスの小・中学校・高校もイースター休暇になり2週間ほどお休みします。

アメリカではイースターの前後は、学校や仕事が1週間ぐらいの春休みになることが多いようです。ただし、多国籍国家なので公的な祝日ではなく、聖金曜日とイースター・マンデーは休日にはなりません。

日本には馴染みがない習慣なので、旅行される場合は気をつけてください。

Easter Egg(イースターエッグ)

日本でもかなりメジャーになったイースターエッグ。殻を破ってヒナが出て来ることから、墓から出てくる復活の象徴となっています。

ゆでたまごを装飾するイースターエッグは、イースターの象徴となっています。ゆでたまごだと衛生的にも長持ちしないし、そんなに食べられるものでもないので、たまごをかたどったチョコレートが代わりに用いられています。特にイギリスではチョコレートのイースターエッグを送りあうのが主流です。

イースターエッグをお庭に隠してさがす、Egg hunt(エッグハント)もイースターのイベントの一つ。これも本物のたまごよりもたまごをかたどったお菓子類やプラスチックの卵にお菓子を入れたものを探すのが主流になっています。エッグハントでイースターエッグを入れたり、イースターエッグを盛って飾ったりするEaster basket(イースターバスケット)も腕の見せ所。手作りしたり、売っていたりします。

Easter Bunny(イースターバニー)

Easter Rabbit、Easter Hareとも言われます。うさぎもイースターのシンボルです。多産、子孫反映の象徴としてイースターバニーはつきものになっています。服を着たイースターバニーが、イースターエッグやその他お土産をもって子どもたちのもとにやってくるそうです。

キリスト教とはなんの関係もないと思っていましたが、調べてみるとドイツのルーテル派教会から広まったとの伝承があります。いずれにせようさぎは可愛らしくて、春の催しにふさわしい感じですね。

まだあるイースターの定番!!
この記事を書いたひと
あかつき

D-SCHOOLママ(中学生の娘)ライター。大学の教育学部教員養成課程卒業後、大学院進学修士号修得。塾講師、雑誌編集などを経験。夫の留学でアメリカ滞在経験あり。