クリスマスキャンペーン
対象:12/25(月)までにお申込みの方
特典:無料体験後の受講期間中10%OFF
※ロボットプログラミングは無料期間がありませんので、お申込み後全期間10%OFFとなります。
対象コース:英語&プログラミング、
マイクラッチ、ロボットプログラミング
特別クーポンコード:mfwpJm12
(お申込ページでコードをご入力ください)
※クーポンの併用はできません。
14日間無料トライアル

プログラミングはやっぱり武器だ!

前回に引き続き“Why Japanese People!!”でおなじみの厚切りジェイソンが主張するプログラミング関連の話をご紹介します。

プログラミングができれば…

ここ最近、AERAでは厚切りジェイソンが毎回コラムを書いているのですが、ちょうど先週のコラムの内容がジェイソン自身がプログラミングができて役立った話が出ていました。

実は彼、お笑い芸人は副業!?で、本業!?(どっちがどっちだかわかりませんので 汗)なのです。そのもう一つの職業はIT企業の役員で、彼はプログラミングのおかげでITの仕事ができていることは間違いないと話しています。

彼がプログラミングと出会ったのは、小学生のころ。パソコンでゴリラがバナナを投げ合うゲームをいじったのが最初のきっかけだったようです。その後、プログラミング言語を少しづつ学び、習得していきました。最初はゲームで親しんで、そこから本格的にのめり込んでいったのですね。

そして、プログラマーやエンジニアにはならなくても、プログラマーやエンジニアと仕事をする機会はこれから益々増えることは間違いないから、その人たちと会話ができるようにするためにもプログラミングを少し知っているということも重要だといったようなニュアンスのことも言っており、D-SCHOOLオンラインの考え方ととても近いため親近感が湧いていましました!

コラムの中では毎回簡単な英語も紹介されているのですが、今回の英語はこんな感じでしたよ。

“Programming is an important skill for today’s workforce. ”
プログラミングは今の労働市場で重要なスキルだ。

この記事を書いたひと
D-SCHOOL オンライン編集部

プログラマー、英語教員、マーケッターなど多彩な人材から生み出されるD-SCHOOL オンライン。プログラミング教育や英語教育の最新情報、海外の情報など鮮度の高い情報をお届けします。

クリスマスキャンペーン