14日間無料トライアル

現役小学校教員に聞いてみた!英語教育の今とこれから!?

2017.4.20 Yoshino

こんにちは。フリーのママ英語講師のヨシノです。

春から新生活が始まり、生活スタイルが変わった方も多いと思います。幼稚園や小学校に進学した子たちは生活に慣れ始めたころでしょうか?私の2歳の娘は、保育園で可愛がってくれていたおねえちゃんが4月から小学1年生になってしまい、今でもその子のことが忘れられずにいるようです。

さて、今回は2020年から始まる日本の英語教育の変化について実際の教育現場で働いている先生たちに直接取材をし、その現状や本音をしていろいろ聞きてみました!

気になりませんか?現役の小学校の先生の声!

私は現在、英語講師として活動していますが、元は大学で学校教育について学び幼稚園から高校までの教員免許を取得し、以前は某私立高校の英語講師として働いていました。なので、まず塾や教室の先生と学校の先生の違いに触れておこうと思います。

まず、学校の先生と塾や教室の先生とで異なるのは(教員免許が必要かどうかという事ですが、ここではそれは置いといて)どのようなことでしょうか?

私が考える学校教育での先生と塾や教室の先生の違い、それは「成績をつけること」だと思っています。塾や教室の場合、基本的には生徒個人の能力や理解度に合わせてクラス分けなり、レッスンの内容が柔軟に対応し、生徒やその保護者のペースでレベルアップを目指します。そのため、講師が生徒のレベルや習熟度を測ることはあってもそれを誰かと比べたり評価することは、受験などの模擬テストや資格試験などを除けばほぼありません。

一方、学校の授業は誰もが平等に英語に触れられることに加え、ネイティブのALTと定期的にコミュニケーションがとれるチャンスがどの子供全員にあります。基本的に授業はクラス単位で行われ、生徒全員が同じ目標に向かって同じ授業を受けます。そして定期的にテストを実施して習熟度を測り、生徒一人ひとりに成績をつけるのが学校の先生、という感じでしょうか。

そして3年後の2020年、いよいよ小学校でも英語が教科として成績がつくようになりますね!実際には来年から教科化を実施する学校も出てくると思います。

そんな日本の英語教育について2020年からの英語教育がどう変わろうとしているのか、みなさんはどこまで知っていますか?

先生たちの本音を聞く前に、改めて確認してみましょう。

※過去記事
文科省も認めた!2020年英語教科化、プログラミング学習必修化でどうなる?

このような動きがある中で、実際の先生たちは英語教育についてどのように感じ、考えているのでしょうか。

現場の声を聞いてみました
この記事を書いたひと
Yoshino

静岡大学教育学部卒業
大学卒業後、民間企業勤務を経て本格的に英語を習得するためカナダへ留学。帰国後、私立高校の英語教員として教育現場で活躍。結婚、出産を期に一旦教育現場からは離れたが、現在は育児と並行して多くの子供達に英語の楽しさを伝えている。
英語関連資格:中学高等学校英語教員資格