14日間無料トライアル

教育ITソリューション EXPO 教育分野日本最大の専門展

こんにちは、D-SCHOOLオンラインです!

東京ビックサイトで5月17日から3日間行われていました教育系で日本最大のITイベント、「教育ITソリューション EXPO」に参加してきました。

ちなみに、ビックサイトって、あれだけ広いのですから、「大きな敷地」てきな意味で Big Site だと思っていたのですが、じつは

Tokyo Big Sight

でした。なぜ?ということで、いちおう調べてみたところ、ビッグサイトの広報によると、大勢の人が見に来るというということで、目や視界という意味のある「Sight」らしいです。

いまいち、納得がいきませんがw、早速会場の様子をお伝えしましょう!

ITx教育はいま注目の分野

まず、驚いたのが人の多さです。来場者も多かったですが、出展者も1050社と昨年から大幅に増加し、やはり2020年からのプログラミング必修化という波に、多くの業者も乗ってきていることを肌で感じとれました。

ただ、あまりにも出展者数が多すぎて、途中で迷子になりましたが…。ふと目に止まったブースがあったのですが、あとで立ち戻ろうと思って、通り過ぎたら、そこがどこだか思い出せない始末。

うろうろと探し回ってなんとかたどり着きましたが、気になるところは、そのときに、しっかりと見たほうが良いですね! 来年の教訓にしましょう。

ビスケット開発者、原田博士の模擬授業

ビスケット(Viscuit)は、原田博士が開発したビジュアルプログラミング言語で、Scratch で学ぶ前段階などに良さそうだと思い、以前から私も注目していた言語です。

その原田博士のセミナーを偶然会場で見つけたので、これはラッキーということでお話を聞いてきました。

簡単な使い方は知っていたので、ふむふむ、と聞いていると、いつの間にか2進法の話に…。

ただ、プログラムをくんでいるだけだと思っていたので、こんなに簡単に2進法の説明ができるんだということに驚きました。

「2進法って何?」という方のためにごくごく簡単に説明をすると、2進法では、0と1しか使いません。なので、私たちが使っている10進法の数え方と対比するとこんな感じになります。

10進法:1、2、3、4、5、6、7、8…

2進法:1、10、11、101、110、111、1111、10000…

私たちにとって理解しやすいのは0〜9までの10進数です。でも、コンピュータは0と1の2進数で理解するのって、あれ、逆にもしかしたら、コンピュータってバカ?と思いますよね。

いえいえ、実は10進数だと、10の信号が必要なのにたいして、2進数だと、2つの信号ですむということなんです。

つまり、コンピュータからすると、10個のものを区別して認識するより、2つだけを認識するほうが簡単で処理も早くなって効率的だということなんですね。

まだ、いまいちよくわからないと思いますが、たとえば、両手でいくつ数えられますか?

2進法を使えば、1023まで簡単に数えることができます。

すこしプログラムを作ってみたので良かったら見てみてください。三角の部分をクリックすると1ずつ増えていきますよ!

2進法のしくみ
(PCのブラウザでご覧ください)

子どもたちが世界で活躍するために!
この記事を書いたひと
D-SCHOOL オンライン編集部

プログラマー、英語教員、マーケッターなど多彩な人材から生み出されるD-SCHOOL オンライン。プログラミング教育や英語教育の最新情報、海外の情報など鮮度の高い情報をお届けします。