クリスマスキャンペーン
対象:12/25(月)までにお申込みの方
特典:無料体験後の受講期間中10%OFF
※ロボットプログラミングは無料期間がありませんので、お申込み後全期間10%OFFとなります。
対象コース:英語&プログラミング、
マイクラッチ、ロボットプログラミング
特別クーポンコード:mfwpJm12
(お申込ページでコードをご入力ください)
※クーポンの併用はできません。
14日間無料トライアル

今後の新卒採用はAIが担当!?

みなさん、こんにちは、D-SCHOOLオンラインです。最近の就職活動といえば、エントリーシートと呼ばれる選考を受けるのに必要な書類を提出し、筆記試験、面接と進んでいくのが一般的ですが、ここにもAI(人工知能)の技術が使われようとしています。つい先日発表されたばかりの内容ですが、ソフトバンクの新卒採用選考について興味深い発表があったのでご紹介したいと思います。

ソフトバンク 新卒採用選考でIBM Watsonを採用!

ソフトバンクのホームページで、2017年5月29日より新卒採用選考のエントリーシート評価にIBM Watsonを活用すると発表がありました。「IBM Watson」とは、然言語処理と機械学習を使用して大量の非構造化データから洞察を明らかにするテクノロジー・プラットフォーム、いわゆる人工知能で、これを選考の一部に導入するようです。

下記、IBNと選考方法についてホームページからの引用になります。

「過去のデータを学習させたIBM Watsonに応募者のエントリーシートデータを読み込ませると、IBM WatsonのAPIの一つであるNLC(Natural Language Classifier、自然言語分類)により、エントリーシートの内容が認識され、項目ごとに評価が提示されます。合格基準を満たす評価が提示された項目については、選考通過とし、それ以外の項目については人事担当者が内容を確認し、合否の最終判断を行います。IBM Watsonによる評価をエントリーシート選考の合否判断に活用することで、統一された評価軸でのより公平な選考を目指します。」

ソフトバンク、IBM「ワトソン」で就活書類選考

AI導入で何が変わるのか

上記をご覧いただくことで蓄積されたデータをもとに合格判断するということはお分かりいただけたと思いますが、AIの導入により、今まで人事担当者がエントリーシートの確認作業に充てていた時間を75%軽減でき、応募者との対面でのコミュニケーションに十分時間を確保することができます。また、複数の人事担当者による評価のずれを防ぎ、応募者をより客観的且つ適正に、統一された評価で選考が可能です。

まとめ

AIを使った新卒選考採用はまだまだ例としては少ないですが、時間短縮、公平性といった点からも今後取り入れる企業は多くなっていくかと思います。また、蓄積したデータの量や精度、IT技術の進歩に伴って、採用選考の大半を機械が行うようにもなりそうです。これから数年後に就活をむかえる人たちは、機械が蓄積しているであろうデータや評価につながることを意識しての行動が必要になってくるのではないでしょうか?

この記事を書いたひと
D-SCHOOL オンライン編集部

プログラマー、英語教員、マーケッターなど多彩な人材から生み出されるD-SCHOOL オンライン。プログラミング教育や英語教育の最新情報、海外の情報など鮮度の高い情報をお届けします。

クリスマスキャンペーン