スプリングキャンペーン
対象:4/30(祝)までにお申込みの方
特典:無料体験後の受講期間中10%OFF
※ロボットプログラミングは無料期間がありませんので、お申込み後全期間10%OFFとなります。
対象コース:英語&プログラミング、
マイクラッチ、マイクラッチJr、ロボット
特別クーポンコード:2bGyyQAZ
(お申込ページでコードをご入力ください)
※クーポンの併用はできません。
14日間無料トライアル

子どもに持たせるおすすめ格安スマホ

2017.6.27 あかつき

私たちの生活にすっかり浸透してきたスマホですが、子どもにスマホを持たせるべきかどうか、悩むところですね。安全面も不安ですし、料金も負担です。そして、なにより子どもが夢中になりすぎて、スマホ中毒状態で他のことがおろそかにならないかというのも心配です。

とはいえ、通信手段として必要な場合もありますし、親は便利に使っているのに、不安だからといって子どもに全く触れさせないというのも、どうなのかと思いますね。スマホを持たせないことで、自分の子どもだけがコミュニティから取り残されたり、新しいテクノロジーに触れるチャンスを失うのも問題です。

今回は、「子どもにスマホを持たせるとしたら、どのようなものがいいのか」という趣旨でおすすめの格安スマホについてご紹介していきます。格安スマホでしたら、機種の価格も安く月々の料金も抑えられます。

子どもにスマホはいつから持たせる?

内閣府が調査した「平成28年度 青少年のインターネット利用環境実態調査」でスマホの利用率は、小学生では27.0%、中学生では51.7%、高校生では94.8%でした。

スマホの利用率がとても高いことがわかりますね。

同じ調査でインターネットの利用時間をみると、1日平均の利用時間は小学生で69.7分、中学生で124.2分、高校生で170.3分と、かなり長時間利用していることがわかります。高校生で12時間以上スマホを使う人は72.1%におよびます。

こんなにスマホを使っていて大丈夫なのかと思う反面、今や子どもを全くスマホに触らせずに生活させることもできないのかとも思います。

いろいろ問題はあるとも思いますが、子どもにスマホを持たせることを前提として、どのようなスマホが良いのかご紹介していきます。

格安スマホとは?

子どもにスマホを持たせようと思うと料金も心配です。大手キャリアのdocomoau、ソフトバンクは、スマートフォンのプランにすると、かなりの月額料金になってしまします。子どもが複数いると、家族全員の通信費が高額になって家計を圧迫しますね。

料金を抑えるためには格安スマホがおすすめです。

格安スマホはキャリア以外のスマートフォンサービス

docomoau、ソフトバンクの大手携帯会社のことをキャリアと呼び、それ以外のサービスを「格安スマホ」と呼んでいます。格安スマホというときに、安いスマホ本体(SIMフリースマホ)のことと、格安のデータ通信と音声通信のサービスのことの両方の意味にとられるのでややこしいですが、今回の記事ではサービスと本体の両方について、子どもにおすすめのものをご紹介します。

格安スマホのサービスの特徴

  • ・格安スマホのサービスの特徴は以下のような点があげられます。
  • ・本体(SIMフリースマホ)をを持ち込むこともできる。
  • ・本体は契約と一緒にその会社で購入することもできる
  • ・回線はほとんどdocomo回線を利用(au回線、ソフトバンク回線も若干あり)
  • ・月額料金がキャリアと比較すると格段に安くなる、音声なしでデータのみでもOK
  • ・定期契約(2年縛りなど)がない、あるいは違約金が安い
  • ・音声通話はキャリアほど充実していない。利用すると高い

格安スマホという響きから不安を覚えますが、通信にはdocomoのデータ回線を利用しているものが多く、おおむね安心です。そしてなにより料金がかなり安くおさえられます。docomoの携帯電話ならば、ほとんどそのまま使えます。

ただし、音声通話は重視されていませんので、電話をかけすぎると料金が高くなる場合があります。電話は基本的にLINEの通話機能などのインターネットを介した通話を使う方はよいでしょう。

おすすめのスマホ&アプリ
この記事を書いたひと
あかつき

D-SCHOOLママ(中学生の娘)ライター。大学の教育学部教員養成課程卒業後、大学院進学修士号修得。塾講師、雑誌編集などを経験。夫の留学でアメリカ滞在経験あり。

キャンペーン