ウィンターキャンペーン
対象:12/25(火)までにお申込みの方
特典:無料体験後の受講期間中10%OFF
※ロボットプログラミングは無料期間がありませんので、お申込み後全期間10%OFFとなります。
対象コース:英語&プログラミング、
マイクラッチ、マイクラッチJr、ロボット
特別クーポンコード:FXdK9Xps
(お申込ページでコードをご入力ください)
※クーポンの併用はできません。
14日間無料トライアル

将棋の藤井四段も受けていた「モンテッソーリ教育」って何!?

こんにちは!D-SCHOOL オンラインです。

今回は、先日連勝記録の話題で日本中の注目を集めた将棋の藤井四段のお話。ちょうど719日で15歳になった藤井四段。プロ入りは14歳で、それ以前から確かな実力を備えたニューホープとして期待されていたようです。

将棋といえば、公式大会は朝から夜まで競技が続くこともあり、非常に集中力が求められる競技です。その集中力や粘り強さですが、彼が幼少期に受けていた「モンテッソーリ教育」が大きく影響しているのではないかということで、教育の視点からも注目をされました。

 モンテッソーリ教育は、マリア・モンテッソーリというイタリアの教育者の実学に基づいて提唱されたもの。

根本的な考え方はシンプルで、「子供たちは生まれながらにして、自分自身を成長・発達させる力を持っているので、その力を最大限に発揮できるように環境を整えよう。それ以外はなにもしなくて良い」というものです。

そこで、創造的な遊び方ができる「教具」を用意し、子供たちが自由な発想によって遊んだり考えたりすることにより、その子供が持っている個性を最大限に伸ばすことができると考えられています。

子供向けの玩具が置いてあるお店でも、モンテッソーリ教育と書かれた「教具」を見かけたことがあるのではないでしょうか? 

藤井四段はとても負けず嫌いだという報道もされていましたが、そういった姿勢をそのまま表現できるということも、モンテッソーリ教育の結果として現れているのかもしれません。いずれにせよ、子供たちの自主性に任せるという教育方針は、子供の好きなことや得意なことをぐんと伸ばすことに良い効果を及ぼすことは間違いないでしょう。

日本では、どの分野も比較的バランス良く伸ばしていこうという底上げ型の教育が推奨されてきましたが、欧米では何かに秀でている子供は、他が少し劣ったとしても秀でている分野を集中的に伸ばしていこうという天井突破型の方針が受け入れられています。両者、良い点悪い点はあるかと思いますが、何かに秀でた人間を育てるためにはモンテッソーリ教育的な考え方はとても大事ですね。

モンテッソーリ教育についてもっと知りたい方は、日本モンテッソーリ教育綜合研究所(外部ページ)を参考になさってください。

この記事を書いたひと
D-SCHOOL オンライン編集部

プログラマー、英語教員、マーケッターなど多彩な人材から生み出されるD-SCHOOL オンライン。プログラミング教育や英語教育の最新情報、海外の情報など鮮度の高い情報をお届けします。

キャンペーン