14日間無料トライアル

マインクラフトコースが見据える未来の働きかた

子どもたちはマインクラフトのプログラミングを通して、未来の働きかたを学んでいる!今回は、コースで子どもたちから出た面白い言葉を紹介しながら、国が描いている未来の働きかたについて考えてみます。

マインクラフトで学ぶプログラミング

マイクラの世界でプログラミング!

 マインクラフト(通称:マイクラ)は、以前の記事でもご紹介したように、いま子どもたちに大人気の「サンドボックスゲーム」です。公園の砂場遊びのように、ゲームの目的を自分で考えて自由に遊べることと、MOD(モッド)と呼ばれる追加要素を導入することで、さらに自分好みにゲームを改造して遊べることが、マインクラフトの大きな特徴です。

 このマインクラフトを「スクラッチ」で操作できるようにしたのが、D-SCHOOLオンラインの「マイクラッチコース」になります。マイクラッチでは、数百種類のブロックを使いながら、家を建てたり、鉱石を掘ったり、アトラクションやゲームをつくったりしながら、最終的に自分だけのダンジョンをつくることを目標にプログラミングを学んでいきます。

自分が動くのではなく、プログラムを動かす

 普段のマインクラフトでは、ブロックを置きたい場所に移動し、ブロックを置いて、次にブロックを置きたい場所まで移動してといった作業を繰り返して、建物や装置を組み立てます。しかし、プログラミングでは、それらの工程は必要ありません。「この場所にブロックを置く」「プレイヤーの位置を変える」などの命令を組み合わせ、くりかえすことによって、大規模な建物もすぐに作成できてしまいます。

ただし、一部分だけでも間違えてしまうと上手く動かないので、子どもたちは苦労しながらも、解説を見ながら課題を解いて進めています。

マイクラッチから何を学ぶのか
この記事を書いたひと
D-SCHOOL オンライン編集部

プログラマー、英語教員、マーケッターなど多彩な人材から生み出されるD-SCHOOL オンライン。プログラミング教育や英語教育の最新情報、海外の情報など鮮度の高い情報をお届けします。