14日間無料トライアル

いつから始める?「早期英語教育」のメリット&デメリット

2018.9.27 reisuke

2020年には小学3・4年生から必修化、5・6年生では教科化されることが決まった英語。文法よりコミュニケーションを重視する英語教育にシフトされる中、ますます「早期英語教育」に注目が集まっています。しかし、「早期英語教育」には大きなメリットがある反面、危険も議論されてきました。そこで今回は、失敗のない英語教育を始めるために、「早期英語教育」のメリット・デメリットをご紹介します!

1.「英語教育」はいつから始める?

1.1.言語の臨界期

「臨界期仮説」という言葉を聞いたことがありますか?これは「臨界期」といわれる年齢を過ぎると言語の習得が不可能になるという仮説のこと。言語学研究では諸説ありますが、外国語などの第二言語の臨界期は9-10歳、あるいは12-13歳といわれています。つまり、この年齢より前に英語学習を始めれば、ネイティブレベルに上達する可能があるということです。

1.2.早ければ早い方がいいってホント?

赤ちゃんのときから英語音楽を聞かせた方がいいという意見もありますが、聞かせるだけで上達することはありません。耳が慣れるという利点はありますが、重要なのは臨界期までに「聞いた音をまねて発すること」。
どんなに頑張っても、第二言語が第一言語より上達することはないので、まずは母語の形成に努めた方がいいでしょう。早ければ早い方がいいという意見もありますが、リスクがあることも忘れてはいけません。

1.3.ベストな時期は?

上記のことから、英語教育を始めるベストな時期は、ある程度母語の形成ができ、なおかつ臨界期を過ぎない年齢、つまり幼少期から小学校高学年となります。
ただし、臨界期を過ぎても、幼少期からピアノやバイオリンなどの音楽を習っている子どもは耳が鍛えられているため、ネイティブレベルに上達する可能があります。当然のことながら、環境や資質など様々な要素が影響するため、臨界期までに始めれば誰でもネイティブレベルになれるということではありません。

早期英語教育のメリット・デメリット
この記事を書いたひと
reisuke

オーストラリア在住。ライター・翻訳者・日本語教師という3つの顔を持つ。政治・経済・教育の分野を中心に幅広いジャンルで執筆中!