アジアプログラミングコンテスト
14日間無料トライアル

マインクラフトで子どもも楽しくプログラミング学習

SNSやYouTubeでもたびたび話題となる『マインクラフト(通称:マイクラ)』。
子どもをお持ちの親御さんはマイクラについてこんな経験ありませんか?

『子どもがYoutubeでマイクラの動画にはまっている』
『子どもの友達がやっていて、自分も欲しいとせがまれた』
『色んなバージョンがあるけど、どれを選んだらいいかわからない』
『マイクラを与えてみて、一生懸命何かを作っていたけどどう面白いのかよくわからない』

子どもたちの間では人気の高いゲームとして注目されている中、大人の皆さんからは一見すると建物や町を作るだけの淡々としたゲームのように思われるかもしれません。
実は、子どもが楽しみながらプログラミングを学ぶのにうってつけのツールの一面もあります。

ここでは、『そもそもマインクラフト(マイクラ)とは何か?』『何ができるゲームなのか?』『子どもがプログラミングを学べるとはどういう意味か?』についてご紹介します。

マインクラフトってどんなゲームなの?

マインクラフトはどんなゲームなのか、とプレイヤーへ質問したとき、返ってくる答えはさまざまです。
多くの人がイメージするのは、ゲームやアニメのステージを再現したり、オリジナルの町を作ったりする、建築を楽しむプレイスタイルではないでしょうか。YouTubeやニコニコ動画などの動画サイトでは、『マインクラフト建築部』と共通のタグで自慢の作品を披露しあうコミュニティもあるようです。
しかし、マインクラフトはただ建築を楽しむだけのゲームではありません。最も近い表現は、特定のジャンルにとらわれない「何でもできるゲーム」なのです。

マインクラフトは何ができるの?

まずマインクラフトについて、簡単にご紹介します。世界中で人気のマインクラフトは、1億本超えの販売数を誇るマルチプラットフォーム型のゲームです。スマホやタブレット、PSVitaやSwitchなどでも利用でき、PC版ではWindowsとiOS(Mac)どちらにも対応しています。

マインクラフトをするならJavaで動くPC版がおすすめです。他のバージョンと違ってアップデートが一番早く、Modと呼ばれる新しい要素のデータを導入できます。

ジャンル的にはサンドボックス型のゲームに分類されます。サンドボックス(砂場)の名が指す通り、特定のクエストやストーリーが存在せず、プレイヤーによって目的や楽しみ方が多岐に渡るのが最大の特徴です。今やサンドボックス型のゲームといえば、マインクラフトを代表にあげる人は多いでしょう。

開発者はスウェーデンのプログラマー、マルクス・ペルソン氏で、仕事の合間に数々のフリーウェアや自作ゲームを世に送り出していました。

もとは個人での活動でしたが、マインクラフトはじめ自作ゲームのバージョンアップや版権管理などのためにスウェーデンで会社を設立。現在はマルクス・ペルソン氏の手を離れ、開発チームによってマインクラフトはさらなる成長を見せています。

近年、マインクラフトの開発に積極的に関わることを止めたマルクス・ペルソン氏ですが、YouTubeでマインクラフト関連の動画に『ノッチ』の名でコメントを残しています。

第一線を退いてもなお開発者に、そして多くの人に愛されるマインクラフト。そのゲームの最大の魅力は、なんといっても何でもできるところです。特定のモンスターを捕まえるわけではない、ストーリーが終われば終わりではないので半永久的に遊べるといえます。

子どもがはまるマインクラフトの面白いところ!

ただゴールがなく何が楽しくて子どもは熱中するのだろうと思っている親御さんも多いでしょう。マイクラではアニメやゲーム、ファンタジー小説の世界を作る建築ゲームとしても楽しめますし、敵を作り出してRPGのように戦いを楽しむこともできます。その自由度の高さに魅力を感じ、子どもから大人までモノ作りが好きな方を中心に幅広く楽しまれています。

前述の通り、特定のストーリーやクエストが存在しない点こそがマインクラフト最大の魅力です。まるでリアルな現代社会で生きていくように、ゴールや正解のない世界で、リアルとは違い自分の思い通りのストーリーや景色を描けるのです。

また、動物や電車、戦闘機など、新しい要素を追加するにはModというデータをマイクラに導入します。これらは様々な有志によって無料で作られています。

自分で目的や好きなものを作り出し、自分のペースで進めることができるクリエイティブなゲームとして、想像力と創造力の成長を促してくれます。

マインクラフトには2つのモードがある!

自由に遊べるマインクラフトですが、基本は『サバイバルモード』と『クリエイティブモード』2種類のモードを軸にプレイすることとなります。

サバイバルモード


サバイバルモードとは簡単にいうとRPGのようなもので、HPゲージや満腹度(空腹度)が存在するのが特徴です。フィールドを歩いていると突然、敵に襲われたり、満腹度が0になると移動する度に体力が減ったりします。

従来のRPGと異なる点は、明確な魔王やラスボスの撃破が目的ではなく、あくまでサバイバル(生き残る)ことが目的だという点です。そのため、朝昼夜の時間の経過もあれば、夜中に敵に襲われることもあり、また、食べたものによっては食中毒に侵されることもあります。

マインクラフトはシングルプレイの他、マルチプレイも存在するため、サーバー上で仲間と冒険に行ったり、対戦したり、サバイバルモードの遊び方も多様です。

「淡々と遊ぶより、マイクラにどっぷりハマりたい!」派の方には、サバイバルモードがおすすめです。

クリエイティブモード

HPや満腹度を気にしたくない、敵と戦うのは煩わしい、という方は、クリエイティブモードのほうが向いているのではないでしょうか。

クリエイティブモードの大きな特徴は、マインクラフト最大の魅力でもある『何でもできる』をまさに体現していること。HPゲージもなければ、敵と戦闘する必要もなく、膨大なフィールドを探索しなくても最初から全アイテムをコンプリートしています。

しかも、アイテム所持量は無限。いくらでも使えるので、自分が作成したいものを好きなだけ作り続けることが可能なモードです。

サバイバルモードともうひとつ異なっているのが、クリエイティブモードには浮遊機能があり、自分が作り出した世界や建築物を上空からじっくり眺めることもできます。

普段はゲームをしない方や、初心者の子どもがマインクラフトの世界に慣れる第一歩として最適です。自らの作りたいものだけを作り出したり、最初は好きな絵本やファンタジーの世界を立体化してみて、ゲームの中とはいえど自分の好きな世界、空想の世界に行けるなど、子どもの創造意欲を掻き立ててくれるでしょう。


マインクラフトがプログラミングの勉強になると聞いたけど本当?
この記事を書いたひと
D-SCHOOL オンライン編集部

プログラマー、英語教員、マーケッターなど多彩な人材から生み出されるD-SCHOOL オンライン。プログラミング教育や英語教育の最新情報、海外の情報など鮮度の高い情報をお届けします。

アジアプログラミングコンテスト